ここから本文です

韓国SSWイ・ランと柴田聡子のジャパン・ツアーが決定

CDジャーナル 9/27(火) 16:19配信

 最新2ndアルバム『神様ごっこ(신의 놀이)』の日本語ブックレット・ヴァージョンと2012年にリリースされた1stフル『ヨンヨンスン(욘욘슨)』の新装日本盤が9月15日にリリースされたばかりの韓国・ソウルはホンデ拠点のシンガー・ソングライター、イ・ラン(이랑 / Lang Lee)が、11月に来日。初の詩集「さばーく(Sabaque)」が注目を浴びている柴田聡子と共にジャパン・ツアー〈イ・ランと柴田聡子のランナウェイ・ツアー〉を開催します。

 ツアーは11月20日(日)長野・松本 Give me little more.、22日(火)愛知・名古屋 KDハポン、23日(水・祝)石川・金沢 オヨヨ書林せせらぎ通り店、25日(金)鳥取・ボルゾイレコード、26日(土)兵庫・神戸 旧グッゲンハイム邸、27日(日)大阪・豊崎長屋主屋、29日(火)東京・渋谷 7th FLOORの7都市7公演。イ・ランは、チェリストとのデュオ編成での演奏。後半の3公演ではバンド編成でのパフォーマンスを日本初披露する予定となっています。

 名古屋公演には藤井邦博(魚座)とGofish、鳥取公演にはタナカ、大阪公演には斉藤友秋も出演。話題となっているファミリー・レストランの歌をイ・ランと共作した黒岡まさひろ(ホライズン山下宅配便)とAlfred Beach Sandalも、それぞれ神戸公演、東京公演に登場します。詳しくはツアー特設ページ(www.sweetdreamspress.com/2016/09/blog-post_26.html)にてご確認ください。

最終更新:9/27(火) 16:19

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]