ここから本文です

ミラノ・スカラ座の全貌を紐解くドキュメンタリー映画が公開決定

CDジャーナル 9/27(火) 16:19配信

 240年もの歴史を持つオペラハウスの最高峰にしてイタリア・オペラの代名詞的存在といえる、ミラノ・スカラ座の全貌を紐解くドキュメンタリー映画『ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿』が12月より東京・渋谷 Bunkamuraル・シネマなどで公開されます。

 本作は、出演者の練習風景をはじめ、シーズンを迎える準備に追われるスタッフの様子、歴史的な建物の外部と内部や歌劇場の構造設備を紹介するほか、リッカルド・ムーティ、プラシド・ドミンゴ、ロベルト・ボッレら縁のある著名なアーティストらのインタビューや貴重なアーカイヴ映像を収録。スカラ座の指揮者で総監督を務めるダニエル・バレンボイムをして「この劇場は生きている」と言わしめる、芸術の殿堂たるその全貌を明らかにしています。なお撮影監督には、第86回〈アカデミー賞〉で“最優秀外国語映画賞”を受賞したパオロ・ソレンティーノ監督作『グレート・ビューティー / 追憶のローマ』(2013年)などを手がけたルカ・ビガッツィが起用されています。

©Rai Com - Skira Classica - ARTE France - Camera Lucida Productions 2015

最終更新:9/27(火) 16:19

CDジャーナル