ここから本文です

【フィリピン】BDO、融資拡大に600億ペソ増資

NNA 9/27(火) 8:30配信

 フィリピンの商業銀行最大手BDOユニバンクは26日、株主割当増資で600億ペソ(約1,260億円)を調達すると発表した。消費、中小企業、インフラ関連分野などへの融資を強化する。BDOの貸出金融資産は、過去5年間で年平均成長率(CAGR)が19%と、業界平均の17%を超えるペースで拡大している。
 600億ペソの大規模な増資には、政府の金融政策と足並みを揃える意図もある。近年のフィリピン中央銀行は、国内の大手銀行に対して、国際的な新資本規制「バーゼル3」に沿った自己資本比率の強化を求めている。2014年には、経営破たんした場合に国内経済に大きな影響を及ぼす銀行を「国内金融システムにとって重要な銀行(DSIB)」として特定することを発表した。BDOは26日発表の声明で、「(今回の増資を通じて)DSIBの割増金の義務付けに対して、十分なバッファーを確保することになる」と述べている。
 16年6月末時点でBDOの自己資本比率(CAR)は13.1%。中核的自己資本比率(ティア1)は11.3%と、当局の規定する水準をそれぞれ上回っている。

最終更新:9/27(火) 8:30

NNA