ここから本文です

ボーンマス、レンタル中のウィルシャーを完全移籍で獲得も?

ISM 9/27(火) 12:02配信

 ボーンマスのチェアマンを務めるジェフ・モスティン氏が、アーセナル(以上イングランド)から期限付き移籍中のMFジャック・ウィルシャーについて、完全移籍の可能性もあると述べた。英タブロイド『ザ・サン』(電子版)が現地時間26日に報じている。

 近年はケガに泣かされ続け、昨季のプレミアリーグで先発出場が1試合にとどまったウィルシャー。夏の移籍市場最終日にボーンマスにレンタル移籍で加入すると、新天地でここまで3試合に出場している。

 モスティン氏は「どんなことも可能性はあると思う」「ジャックをチームに溶け込ませ、彼の希望をかなえられるように助けることが大切だ」とコメント。「来季も続けるかどうかについては、どんなことも起こり得る」と、ウィルシャー完全獲得の可能性も否定しなかった。

 同氏は「現実的にならなければいけない。ジャックはアーセナルに戻ることつもりだろう」「そうなったら、我々は彼の決断に反対できない。彼が決めることだ」とコメント。そのうえで、「だが、可能性があり、エディ・ハウ監督が残留を望むなら、彼次第だ」と続けている。

 一方で、モスティン氏は「彼を引き留めるためには、(オーナーの)マキシム・デミンに巨額を引き出してくれと説得しなければいけない」「6400万ドル(約64億2000万円)前後だろうね。6400万ポンド(約83億2000万円)かもしれない!」と、ウィルシャーの完全獲得には莫大な移籍金が必要だとも指摘している。

最終更新:9/27(火) 12:02

ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合