ここから本文です

「頑張れJリーガー田口選手」 小禄南小同級生がエール

琉球新報 9/27(火) 10:46配信

 那覇市出身のJリーガー田口泰士選手(25)がキャプテンを務める名古屋グランパスが、26日時点でJ1、18チーム中16位と低迷していることを受け、出身校・小禄南小学校の同級生が同選手にエールを送ろうと19日、48人が色紙にそれぞれの思いをつづった。11月のシーズンの終わりまでに16位以下だとJ2に降格となる。


 呼び掛け人の大城裕一郎さん(26)は現在、埼玉県に住んでおり、沖縄に帰省した際に同級生らにメッセージの協力を求めた。「みんなの応援が必要だ。色紙は10月1日に開かれるアビスパ福岡戦の試合会場に持って行き、泰士に手渡したい」と話している。

 オリジナル色紙の制作に奔走した東俊吾さん(26)は「みんなで泰士を応援している、泰士は小禄南小の誇りだ。だから同級生で応援したかった」と強調した。

 小禄南小のサッカーチーム「FC南」のチームメイトの高良進太さん(26)は「いつもピンチの時に泰士が(チームを)助けてくれたことを覚えている。同じチームで本当に良かった」と当時を振り返り、「今回の残留争いも泰士が勝利に導いてくれると信じている」と力を込めた。

琉球新報社

最終更新:9/27(火) 10:46

琉球新報

なぜ今? 首相主導の働き方改革