ここから本文です

「お金はとっておいて」 クロップ監督、好調もリヴァプール優勝に賭けないよう“忠告”

ISM 9/27(火) 17:00配信

 目下公式戦4連勝中と好調のリヴァプール(イングランド)。プレミアリーグ優勝候補の呼び声もあがりはじめたが、ユルゲン・クロップ監督は「まだ序盤戦だから」と釘を刺した。

 リヴァプールは今季のプレミアで、6試合を終えて勝ち点13の4位。バーンリーにこそ不覚を取ったが、敵地でアーセナル、チェルシーを下し、トッテナムとのアウェイ戦もドロー。本拠地「アンフィールド」では昨季王者レスターに4対1と快勝し、前週末のハル戦では5対1の大勝。強豪との対決でしっかりと成績を残し、現在リーグ戦は3連勝と充実のシーズン序盤戦を送っている。

 こうした好調に、英ブックメーカーの多くはプレミアの優勝争いについて、現在リヴァプールをマンチェスターCに次ぐ2番手に位置付けている。

 現地時間26日に英『スカイスポーツ』の『マンデーナイトフットボール』に出演したクロップ監督は、ブックメーカーに優勝候補の一角と目されていることについて「数字は分からないんだ」とジョークを飛ばし、「お金はとっておいて。そのような使い方はしないで」とリヴァプール優勝に賭けないでくれと呼びかけた。

 クロップ監督は、「私にとっては重要ではないが、楽観的な空気に包まれるのは良いこと。現在、リヴァプールの雰囲気はいいよ。ハルとの非常に重要な試合があったが、我々は素晴らしいプレーを見せた」と確かな手応えを掴んだ様子。その上で「(順位表を)眺めるのはいい気分だが、問題は試合数。また6試合消化の序盤戦だ。それが唯一の問題。これには満足しているが、まだまだ先は長い」とコメント。現時点で優勝の話をするのは時期尚早だと述べている。

最終更新:9/27(火) 17:00

ISM

スポーツナビ サッカー情報