ここから本文です

50歳の母が1台3役のスティック型掃除機「エルゴラピード」を使ってみた

ITmedia LifeStyle 9/27(火) 6:10配信

 エレクトロラックスが販売しているスティック型掃除機「エルゴラピード」の最新型が私の実家に届いた。今回この「エルゴラピード・リチウム ベッド・プロ・パワー」の使用感をお届けするのは私の母(50代・主婦)。主婦歴約30年。言ってみれば「掃除のプロ」である。そんな母の目に最新型のエルゴラピードはどう映るのか? しばらく使ってみた「プロの感想」をお届けしよう。

【主婦が気になるこのポイント】

私 今まで掃除機ってどんなものを使ってた?

母 基本的にはキャニスター型の普通の掃除機。昔はそれも紙パックタイプだったけれど、最近はパナソニックのサイクロンタイプ。スティック型の掃除機を使うのはこれが2台目で、これまで使ってたのは15年くらい前の紙パックタイプ。当たり前だけれど、それに比べたら格段に吸引力は上がってるよ。キャニスター型に比べても負けてないと思う。

私 ヘッドにLEDライトがついているけれど、これって便利なの?

母 便利便利! むしろこれがないと使いたくない。部屋の隅にゴミがたまるからそこをしっかり吸いたいのだけれど、暗いからよく見えないのよね。LEDライトはそこを照らしてくれて、きちんとゴミが吸えたか目で確認できるから、これは掃除機のヘッドには必須。

私 キャニスター型と比べてどっちが使いやすい?

母 さすがにキャニスター型に慣れているから、キャニスター型かなあ……。エルゴラピードはコードレスで掃除できるのはいいけれど、ヘッドが横に滑らないのよね。キャニスター型のヘッドだったら横に滑らせて隅っこをさっと掃除できちゃうから、その使い方ができないのは不便に思っちゃう。

私 そりゃあ、スティック型はヘッドに重心かかっちゃうからねえ。その分、これって首の可動性はいいんだよ。

母 そうは言っても私自身歳も歳だし、慣れるのに時間かかりそう。あと改善してほしいのが、フィルターを掃除するブラシをつけてほしかった。

母 掃除し終わった後にカップを外してゴミを捨てて、フィルターにも結構ゴミが付いたままだから落としたいわけ。この辺はパナソニックのサイクロンのほうが気が利いてて、フィルター掃除用のブラシをつけてくれている。仕方がないから、古い歯ブラシで代用してるけれど。

 でも、ヘッドブラシの回転数はすごいし、外すのも簡単でこれは良い点。最近のスティック式ってすごいのね。

私 本体を取り外して、ハンディタイプの掃除機としても使えるけれど、こちらでの使用感は?

母 本体からパッと外せるし、手に持ってみて重いとは感じない。ノズルをいろいろ変えて細かなところを掃除できるし、吸引力もハンディタイプとしては強いから、うちの中ではこの形で活躍することが多そう。

私 ふとん掃除用のヘッドもあるよ。これは?

母 掃除機でふとんを掃除するのって、今までほとんどやってなかったのよね。キャニスター型でもそれ用のヘッドはあるのだけれど、ベッドの高さに持ち上げるのはめんどうだし。

 ハンディタイプならベッドに上げるのも楽だし、これなら掃除できると思う。使ってみる前は、「専用ヘッドがもっと横に広いほうが一気に吸引できていいんじゃないかな」と思っていたけれど、使ってみるとこの大きさのほうが当てたところを重点的に吸引できている感じがした。

母 UVランプがついているのもうれしい。いや、UVをちょっと当てただけでは菌が十分に死なないことは分かるのだけれど、それでもできるだけその場所にじっくり当てようと思うから、結果としてほこりがしっかり吸える。

私 なるほどなあ。スティック、ハンディ、ふとん掃除と使ってみて全体の感想は?

母 うちは4LDKの一軒家だから、バッテリー持続時間的にも、自分がキャニスター式に慣れすぎているのもあってこれをメインの掃除機にするのは無理。けれど、2LDKくらいのマンションなら全然ありなんじゃないかな。キャニスター式だと大抵置く場所に困るのよね。頑張ってクロゼットの中に入れるとか。そのまま出しておくのはあまりかっこよくないし。その点、この掃除機はしまわないで出しておくのが前提で、出しておいてもスタイリッシュなので、広さに問題がなければ全然メインとして使えると思う。

 それよりあんたも自分の部屋の掃除しなさいよ。モノばっか増やして整理もしないからどんどんほこりたまって……。

私 おっと、この話はここまでだ。逃げろっ!

最終更新:9/27(火) 6:10

ITmedia LifeStyle

なぜ今? 首相主導の働き方改革