ここから本文です

ひな鳥サイズの手乗りアーケード筐体登場 専用ゲームで本当に遊べるぞ

ねとらぼ 9/27(火) 9:10配信

 昔懐かしいアーケードゲームのアップライト筐体型の、極小サイズのゲーム機「Tiny Arcade」が登場しました。幅40ミリ・奥行き32ミリ・高さ75ミリと、ひな鳥のような小ささですが、本当にゲームで遊べます。

【コインと比べてもこの大きさ】

 小型の電子機器を手掛けるアメリカ企業、TinyCircuitsがクラウドファンディングの成功を経て製品化したもの。小さいながらもアナログスティックと2個のボタン、表示解像度96×64ピクセルの有機ELディスプレイ、スピーカーを搭載しています。

 私家版のインベーダーやテトリスなど、専用ソフトを公式サイトで無料提供。ダウンロードしてmicroSDカードへ保存し、筐体に挿入することで遊べます。オープンソースなので、技術があれば自作も可能。MP4形式の動画を変換し、毎秒30コマで再生できるプレーヤーも用意されています。

 クリアーとブラックの2色がラインアップされており、価格は組み立てキットが59.95ドル(約6000円)、完成品が74.95ドル(約7500円)。組み立てに接着剤やハンダ付けは不要で、基板やディスプレイ、アクリル製パーツを立体パズルのようにはめ込むだけでOKです。希望者には、「スペースインベーダー」風にデコレーションできるシールも同梱されます。

(沓澤真二)

最終更新:9/27(火) 9:10

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。