ここから本文です

【BMW i3 改良新型】新開発の大容量LiB搭載で航続距離向上…実質462万5000円より

レスポンス 9/27(火) 12:17配信

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、航続距離の大幅な延長を実現した電気自動車(EV)『i3』の改良新型モデルを10月1日より発売すると発表した。

[関連写真]

新型モデルは、エネルギー密度を高めることでバッテリーサイズを変えることなく33kWhの大容量を達成した新開発リチウムイオンバッテリーを搭載。室内スペースを損なうことなく、一充電走行距離は従来モデルから70%アップの390km(JC08モード)を実現している。また、647ccの発電用エンジンを備えたレンジエクステンダー装備車は、航続可能距離がさらに121km延長され、合計で511kmの走行が可能となる。なお走行性能は、最高出力170ps、最大トルク250Nmと従来通り。

新型i3はチャデモ方式の急速充電に対応。急速充電の場合、約45分で80%まで充電可能、普通充電の場合は、約12~13時間で満充電となる。さらに、公共の充電サービスが利用可能になる「チャージナウ」を12か月間無料で提供する。

インテリアは従来モデルから一新し、クールで高品質さを主張する「アトリエ」、モダンでナチュラルな印象を強調する「ロッジ」を新たなインテリアデザインパッケージとして追加。上質かつ高級感あふれる「スイート」とあわせて、3つのデザインラインを設定している。エクステリアでは、これまでPHEVスポーツカー『i8』にのみ設定されていた「プロトニックブルー」のボディカラーを新たに採用した。

価格は据え置きの499万円より。ただしクリーンエネルギー自動車補助金の最大受給額が36万5000円と従来より12万6000円アップ。実質462万5000円より購入できる。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9/27(火) 12:17

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。