ここから本文です

【凱旋門賞】マカヒキ“対抗”に…有力馬の回避相次ぎ2番人気に浮上

デイリースポーツ 9/27(火) 6:04配信

 「凱旋門賞・仏G1」(10月2日、シャンティイ)

 世界最高峰の一戦を前に、激震が走った。8戦無敗の3歳牝馬ラクレソニエール(仏国)が外傷で、英オークス馬マインディング(愛国)が別路線に進むため、ともに回避すると現地紙が26日、報じた。

 有力馬の回避を受け、ブックメーカーのオッズもすかさず反応。英大手ウィリアムヒル社によると、26日現在でマカヒキは2番人気(6・0倍)に浮上(前日までは7・5倍で3番人気)した。1番人気ポストポンド(2・75倍)の対抗格となっている。

最終更新:9/27(火) 7:33

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ