ここから本文です

止まらない『君の名は。』5週連続1位!興収111億を突破【映画週末興行成績】

シネマトゥデイ 9/27(火) 21:10配信

 シルバーウィーク終盤に重なった土日2日間(9月24~25日)の全国映画動員ランキングが26日に興行通信社より発表され、『君の名は。』が5週連続で1位を獲得した。先週末の観客動員は約63万7,000人、興行収入約8億6,000万円と公開5週目ながらいまだに好成績をキープし、累計動員は854万4,969人、興収111億6,597万300円となった。

【写真】文句なしの大ヒット!新海誠『君の名は。』

 2009年にニューヨークで起きた乗員乗客155人全員が奇跡の生還を果たした航空機事故をクリント・イーストウッド監督とトム・ハンクス主演で映画化した『ハドソン川の奇跡』は2位に初登場し、動員17万2,748人、興収2億2,518万3,800円を記録した。配給元は「期待以上の好スタートを切り、興行収入20億円を目指す」としている。動員客層は、当時の航空機事故をニュースなどで知る40代以上が中心だが、イーストウッド監督の前作『アメリカン・スナイパー』を鑑賞した若者層、女性層も目立った。

 また、真鍋昌平原作の人気コミックを山田孝之主演で映画化したシリーズ第3弾『闇金ウシジマくん Part3』が初登場4位。全国184館で公開し、動員約10万人、興収1億4,816万円となり、『Part1』『Part2』に続き、右肩上がりの推移となった。観客層は20~30代の男女がメインで、さらに若い女性層やカップルなども劇場に駆けつけた。22日の初日から4日間の興収は2億8,391万円を記録。10月22日には『ザ・ファイナル』の連続公開も決定しており、その成績が期待されている。

 堤幸彦監督と中村勘九郎がタッグを組んだ『真田十勇士』も初登場で7位にランクイン。初日となった22日から4日間の動員は17万7,000人、興収は2億2,000万円を記録した。

 公開9週目の『シン・ゴジラ』は累計動員506万6,880人、累計興収73億6,561万5,000円。公開2週目の『映画「聲の形」』は累計動員67万8,000人、累計興収8億9,300万円と興収10億円も間近。公開3週目の『四月は君の嘘』の累計動員は83万5,082人となり、累計興収10億320万2,000円で10億円を突破している。

1/2ページ

最終更新:9/27(火) 21:10

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]