ここから本文です

【RIZIN】榊原実行委員長が引退表明の藤田を慰留へ

東スポWeb 9/27(火) 16:36配信

 RIZIN FFの榊原信行実行委員長(52)は26日、引退を表明した“野獣”藤田和之(45)の慰留に動く意向を明らかにした。

 榊原委員長は26日、千葉市内で行われた「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND―PRIX 2016 無差別級トーナメント開幕戦」(25日、さいたまスーパーアリーナ)の一夜明け会見に出席。元大関のバルト(31)に敗れ、会見に姿を見せなかった藤田について「今後、きちんと話をしようと思う」と語った。

 藤田は試合後「もう、いいんじゃないかという気持ち」「引退式とかいらない。やりきった感がある」など引退の意思を示していた。榊原委員長はこう続けた。

「何とか現役を続行できるように、説得を試みたい。そして、もし意思が固かったとしても、引退試合はするべき。たとえ本人が『いらない』と言っても、ファンはそう思わないでしょう。RIZINのコンセプトの一つとして『完結』がある。名選手にふさわしい引退の場を用意するという…。藤田こそその1号にふさわしい」

 榊原委員長はかねて藤田については「僕にとって特別な選手」と公言している。そこまで思い入れがある選手だけに、最後の花道を飾らずに引退させるわけにはいかないというわけだ。「花道にRIZINのリングを使ってほしい」と訴えた榊原委員長。野獣の心を動かすことができるか。

最終更新:9/27(火) 17:33

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。