ここから本文です

遼もパーマー氏を悼む「心の底からゴルフが大好きな方」 過去に助言授かる

デイリースポーツ 9/27(火) 6:05配信

 プロゴルフの人気を飛躍的に高めた米国の往年のスター選手、アーノルド・パーマー氏がペンシルベニア州ピッツバーグの病院で25日に死去したと米国ゴルフ協会(USGA)が同日(日本時間26日)発表した。87歳。

 パーマー氏は日本の若手選手も温かい目で見守っていた。10年の米ツアー、アーノルド・パーマー招待には当時18歳の石川遼を前年に続き、2年連続で招待。「彼の才能は(18歳での賞金王獲得など)数々の素晴らしい記録が実証している」と絶賛し、「ゴルフ以外からも多くのことを学び、社会経験を積むことが大切」とアドバイスを送った。

 石川はこの日、熊本地震で被災した同県菊陽町の小学校を慰問。パーマー氏について「最後にお会いしたのは昨年のマスターズ直後。心の底からゴルフが大好きな方で、あいさつしたり、声を掛けてもらったりしたのは貴重な経験。パーマーさんの気持ちがこもった地で練習して頑張っていきたい」と話した。

最終更新:9/27(火) 7:25

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]