ここから本文です

紀平梨花 女子初の連続ジャンプに意欲 練習では成功…3回転半からの大技

デイリースポーツ 9/27(火) 6:05配信

 フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)シリーズ第5戦スロベニア大会で、女子史上7人目となるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功し、優勝した紀平梨花(14)=関大KSFC=が26日、同大会2位の本田真凜(15)=大阪・関大中=と共に帰国。試合で決めれば女子初となるトリプルアクセル-3回転トーループの連続ジャンプ挑戦に意欲を示した。

【写真】史上初! 8つのトリプルジャンプに成功

 現在も練習では成功しており「トリプルアクセルの確率をもう少し上げて、トーループが余裕でつけられるようになったら入れたい」と、完成度が上がれば挑む意向だ。

 過去には伊藤みどりが練習で成功。浅田が2回転を組み合わせたことはあったが、3回転は未知の領域だ。

 3回転半の成功率は「前回の試合より少し自信はあった」と言うように確実に上昇中。年齢制限で平昌五輪は出場できないが、14歳の野望は果てしない。

最終更新:9/27(火) 7:31

デイリースポーツ