ここから本文です

消費者金融に生命保険…大手通信キャリアが新サービスを続々発表、その狙いは?

エコノミックニュース 9/27(火) 7:10配信

 大手通信キャリアが新たな動きを見せている。NTTドコモ <9437> はドコモショップで保険の代理販売をスタートし、ソフトバンク <9984> はみずほ銀行 <8411> と消費者金融で合弁会社を設立するという。

 ドコモが保険を取り扱い始めたのは2010年のこと。国内・海外旅行保険や1日自動車保険などの損害保険「ワンタイム保険」は、携帯電話を通して加入できるという手軽さが好評だそうだ。

 そして今年9月1日より、新たに生命保険の代理販売を始めた。関東甲信越のドコモショップ11店舗で取り扱っており、おおむね2つの専用カウンターが設置されている。ドコモショップの従業員を有資格者になるまで育成し、携帯電話を販売するスペースを保険販売に割くという力の入れようだ。

 ソフトバンクとみずほ銀行の合弁会社は11月に設立し、17年までに事業を開始する予定。この消費者金融の最大の特徴は、スマホの専用アプリで「プリ・スコアリング」という属性による事前の予備審査を実施し、金利と融資額を示す「スコア・レンディング」だ。

 プリ・スコアリングを受けてスマホから融資を申し込むと、30分以内に銀行口座に振り込まれる仕組みだという。スマホで申し込みから融資まで全てが完結するため、人員やインフラを最小限に抑えることができる。その分、低い金利を提示できれば大きな強みになるだろう。

 みずほフィナンシャルグループの佐藤社長は「一生懸命人生を頑張る人の夢の実現を応援したい」、ソフトバンクの孫社長は「一人一人の夢と目標をサポートしたい」と、若い顧客の存在を強く意識している。

 大手通信キャリアは分岐点に立たされている。総務省は利用者の料金負担の軽減を目的として、仮想移動体通信事業者(MVNO)への移行を促しており、大きな流れが生まれている。さらに、実質ゼロ円でのスマホ販売が禁止され、他のキャリアから顧客を奪うことも難しくなってしまった。

 となると、今抱えている顧客にメリットを打ち出していく他ない。少しでも長く使い続けてもらうためには独自のサービスが必須と言える。新たな活路を見出せるだろうか。(編集担当:久保田雄城)

Economic News

最終更新:9/27(火) 7:10

エコノミックニュース

チャート

NTTドコモ9437
2595.5円、前日比-16円 - 12/9(金) 13:06

チャート

ソフトバンクグループ9984
7826円、前日比+34円 - 12/9(金) 13:06

チャート

みずほフィナンシャルグループ8411
222円、前日比+2.6円 - 12/9(金) 13:06