ここから本文です

【CEATEC 16】日立製作所が4年ぶりに出展へ…車両入退場管理システムなど

レスポンス 9/27(火) 15:37配信

日立製作所は、10月4日から7日までの4日間、幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「CEATEC JAPAN 2016」に出展する。

これまで「最先端IT・エレクトロニクス総合展」として開催されてきたCEATEC JAPANは、今年から「つながる社会、共創する未来」をテーマにした「CPS/IoT Exhibition」として生まれ変わる。これを受け日立は、2012年以来4年ぶりに出展し、幅広い事業領域で蓄積してきたオペレーション・テクノロジーとITの融合で、IoT関連ソリューションの開発と容易なカスタマイズを可能とするIoTプラットフォーム「Lumada」を紹介する。

また、接客や案内サービスを行うヒューマノイドロボット「EMIEW3」をはじめ、日立グループのIoT関連の幅広い取り組みやソリューションを紹介する。

「快適な移動」ゾーンでは、歩道を自律走行する次世代パーソナルモビリティ「ROPITS」、接客や案内サービスを行うヒューマノイドロボット「EMIEW3」を中心に、誰もが効率良く快適に移動可能な、環境負荷の低い交通インフラを実現する技術を紹介する。

「安全・安心な社会」ゾーンでは、車両入退場管理システムや指静脈入退室管理システムなど、多様化・増大する脅威からまちを守る技術を紹介する。

CEATEC JAPAN2016には、日立グループのクラリオンも出展する。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9/27(火) 15:37

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。