ここから本文です

鉄道・地下鉄ストに政府が遺憾表明「即時中断を」=韓国

聯合ニュース 9/27(火) 13:40配信

【世宗聯合ニュース】韓国政府は全国の鉄道・地下鉄の労働組合が27日午前9時に一斉に開始したストライキに対し、「違法なストを直ちに中断し、速やかに持ち場に復帰するよう厳重に促す」と表明した。

 国土交通部の崔政浩(チェ・ジョンホ)第2次官が記者会見を開き、「最近の厳しい経済状況や核による北の挑発、観測史上最大の地震など、国にとって重大な時にこうした鉄道ストで国民に迷惑をかけることになり遺憾に思う」と述べた。どのような状況でも国民が安心して利用できるよう、安全な鉄道にすることが国と公営企業の基本的な責務だと強調。その上で、「国民の不便から目をそむけ違法なストを続ける場合、法と原則に基づき断固として対処する計画であることを今一度明らかにする」と警告した。

 国土交通部は関係機関と共に政府合同の対策本部を設け、非常輸送対策に乗り出した。

 通勤時の交通に支障を来たさないよう、電車と高速鉄道(KTX)には代替要員を投入し通常通り運行する計画だ。ソウルと釜山の地下鉄も出勤時間帯は通常通りの運行とするが、それ以外の時間帯は70~85%程度の運行本数にする。

 一般列車のセマウル号とムグンファ号の運行本数は通常の6割程度にとどまると予想されるため、バスなどの代替交通手段を準備する。

 貨物列車の運行本数は通常の3割程度に減る見通しだ。国土交通部はスト突入前に前倒しで輸送させるようにした。スト中は特殊貨物と緊急貨物を優先的に処理し、必要ならば貨物自動車で対応する計画だ。

 崔次官は、ストによる列車の運行時刻の変更などがあり得るとし、韓国鉄道公社のホームページやインターネット予約サイト、駅構内の案内などで確認するよう呼び掛けた。

最終更新:9/27(火) 13:49

聯合ニュース