ここから本文です

霜月かいり描く「Thunderbolt Fantasy」外伝、チャンピオンクロスで始動

コミックナタリー 9/27(火) 13:25配信

霜月かいりの新連載「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 乙女幻遊奇」が本日9月27日、Webマンガサイトのチャンピオンクロスにてスタートした。虚淵玄(ニトロプラス)が原案・脚本・総監修を手がけるファンタジー人形劇「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」のコミカライズ版だ。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」は、かつて魔界の軍勢と人類との戦いにおいて、人類に勝利を導いた武器・神誨魔械を巡る物語。神誨魔械を守る役目の護印師・丹翡が、最強の武器・天刑劍を狙う悪党・蔑天骸に襲撃されるが、凜雪鴉と殤不患という2人の男に助けられたのちに共に旅をすることになる。

霜月によるコミカライズ版は、丹翡の目線で幕間劇を描いた外伝。第1話では旅を始めたばかりの3人が宿に泊まることになるが、丹翡が世間知らずなためにトラブルが巻き起こる。

(c)2016 Thunderbolt Fantasy Project (c)霜月かいり(チャンピオンクロス)

最終更新:9/27(火) 13:25

コミックナタリー