ここから本文です

「macOSをアップデートするな」 そんなウイルス対策ソフトで大丈夫か?

ITmedia エンタープライズ 9/27(火) 9:28配信

 日本時間で2016年9月21日、Macの新しいOS「macOS Sierra」がリリースされました。

【画像:ESETのサポート情報を見ると、異例の表記が……】

 Windows 10も、8月に「Windows 10 Anniversary Update」がリリースされ、家庭で利用されるメジャーな2つのOSがさらにモダンな機能を提供するようになりました。私も新OSのリリース当日に1台ずつ持っているWindowsマシンとMacをアップデートし、いまのところ大きなトラブルもなく利用しています。

 しかし、今回のmacOS Sierraでは、ちょっと困った事態が起こったのです。今回は、そのてんまつをお話ししようと思います。

●多数の脆弱性が修正されたmacOS Sierra

 OSのメジャーバージョンアップでは、見た目が変わったり操作方法が変わったりといった“目で見て分かる部分の変化”だけでなく、内部の動作、とりわけ「脆弱性が修正されている」ことも注目したいところです。今回のmacOS Sierraでは、65件の脆弱性が修正されていると発表されました。

 これらの脆弱性は、Webブラウザに存在するものは以前のOSでも修正がリリースされており、まだ最新版のOSにしていないという人もぜひ適用していただきたいところです。

 ほぼ全てのPC/Macがネットワークに接続されている今、脆弱性が修正されたバージョンについては、法人利用で何らかの指示がない限りは「まずは適用する」をお勧めしたいと私は考えています。今ではmacOSのアップデートも、Windows 10のアップデートも無料ですからね(Windows 10自体へのアップグレードは無料期間が終わりましたが)。

●セキュリティ対策ソフトが「OSアップデートを控えろ」とは……

 ところが今回、ちょっと混乱する事態が起こりました。それは、私が利用しているセキュリティ対策ソフトが「macOS Sierra 10.12 へのバージョンアップをお控えくださいますようお願いします」とコメントしているのです(2016年9月26日時点)。私はレビュー目的で、さまざまなセキュリティ対策ソフトを1年ごとに入れ替えています。2016年はESETを利用し、過不足ない機能を体験しているところでした。

 しかし、そのESETが今回のmacOSアップデートに追従できていないことがアップデート直前に分かり、しばし悩むことになりました。果たしてOS自体のアップグレードによる「脆弱性が多数修正される」というメリットを取るべきか、セキュリティ総合対策ソフトによる「OSではカバーしきれない安全、安心」を取るべきか――。難しい2択を突きつけられてしまったのです。

 基本的にOSベンダーは、一般のリリースの前に「β版」と呼ばれる、開発者向けのバージョンを内々にリリースしており、発売前のOSでもトラブルが起きないかをチェックすることが可能です。その上でも対応しきれなかったのか、と思ってESETの製造元のサイトをチェックすると、英語版はきっちりとmacOSリリースの前日、9月19日に対応版が出ていることが分かりました。ということは、これは“日本のローカライズ版特有の問題”ということになります。

●これでは「Macでもセキュリティ対策が必要!」といいにくい状況に

 以前から私は、「Macはウイルスがないから安全」といった、間違った安全神話がはびこっていることが気になっていました。

 なりすましによって、あたかも知人から来たかのように偽装したチャットから短縮されたURLが送られてきて、それが偽物の金融機関のページだったら――。こうした脅威のシナリオにOSは関係なく、Macユーザーも攻撃の標的になります。

 このような場合は、Windowsと同様、「セキュリティ対策ソフト」の出番だと思うのですが、今回のような事態が起こるようであれば「Macもセキュリティ対策ソフトを入れた方がいいよ」とは、正直言い難いです。

 結局、私は、まだ最新OSに対応していないセキュリティ対策ソフトをアンインストールし、新機能が追加され、脆弱性が修正されているOSにアップグレードすると決めました。恐らく、大多数のユーザーは、このあとセキュリティ対策ソフトを再びインストールしようとはなかなか思わないのではないでしょうか。

 ESET日本版も、間もなく対応版をリリースすると思います。でも、ことセキュリティ対策ソフトに関しては、OSアップグレードにはきっちりと対応してほしいと思うのです。たった数日のブランクが、「だからOSをアップグレードするのはめんどくさいんだ」とか「セキュリティ対策ソフトなんて無駄だよね」なんていう“言い訳”に使われないためにも。

最終更新:9/28(水) 13:31

ITmedia エンタープライズ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]