ここから本文です

小林麻央、告知の夜「御贔屓の皆様の顔が浮かんできて」 梨園の妻であることを実感

デイリースポーツ 9/27(火) 13:01配信

 乳がん闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央が27日、ブログを更新し、癌を告知された後、梨園の妻であることを実感したエピソードを明かした。

【写真】海老蔵 家族で麻央を見舞う

 麻央は癌を告知されたその夜、夫の歌舞伎俳優・市川海老蔵が東京・日本橋で公演があったため、近くの夜景のきれいなホテルに滞在していた。

 その時のことを「結婚の意味」とタイトルを付けて振り返り、「夜景を見ていると、成田屋の御贔屓の皆様の顔がひとり、ふたりと浮かんできました。『治療が始れば、しばらく劇場にも行けないかな』そんなことを思っていると、どんどんどんどん皆様の顔が浮かんできて」とがんの告知を受けた直後、夫の仕事を思う自分がいたことを記した。

 その上で「『私も、いつの間にか堀越麻央になっていたんだなぁ。お嫁にくるってこういうことなんだ。お客様が、家族に迎え入れて下さることだったんだ』と、この時、心から、主人と結婚することの意味が分かった気がしました」と振り返った。

 そして、堀越家に嫁いだ、歌舞伎俳優の妻は、この日のブログを「お客様にはご挨拶もままならず失礼を重ね、本当に申し訳なく思っております」と結んだ。

最終更新:9/27(火) 13:15

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]