ここから本文です

トヨタ わくわくワールド開催…クルマやものづくりの楽しさを体感 11月6日

レスポンス 9/27(火) 18:09配信

トヨタ自動車の社内有志団体であるトヨタ技術会と、とよたものづくりフェスタ実行委員会は、共催行事「わくわくワールド 来て、見て、体験、ものづくり!」を11月6日、スカイホール豊田(愛知県豊田市)にて開催する。

[関連写真]

「わくわくワールド 来て、見て、体験、ものづくり!」は、今回で13回目の開催。トヨタ技術会による秋の恒例行事「TESフェスティバル2016」と、とよたものづくりフェスタ実行委員会による「とよたものづくりフェスタ2016」で構成され、一般来場者も無料で参加できる。

今年のTESフェスティバルは、「クルマでワクドキ!つくろう!みんなの未来」をスローガンに開催する。新企画「未来のクルマ展示会」では、トヨタ技術会が提案する未来のクルマを披露。乗車体験とともに、未来のクルマや技術について親子が語り合える場を設ける。また、毎年恒例の「アイデアコンテスト」では、社内から選抜された10チームのエンジニア達がアイデアを具現化し、披露。製作した車に込めた発想・実演方法・作り方を競い合うとともに、今回初の乗車体験会を実施する。さらに「こどもクルマデザイン展」では、小学生が描いたデザインの中から優秀賞13作品をクルマづくりのプロの技でミニチュアカーとして製作・披露。このほか、クルマにまつわる様々な仕事を体験できる企画を多数用意する。

一方、とよたものづくりフェスタでは、出展者が通常活動の成果を発表し、来場者がその成果を体験し、ものづくりの楽しさを感じられるブースを方針とし、ものづくりの「みる」「つくる」「チャレンジする」といった段階別のブースを用意。簡単な工作から少し難しいものづくり、ロボットの操縦体験や競技をしてみたりと、体験型の企画を多く用意している。今年は、ブロックおもちゃ「LaQ(ラキュー)」で遊んで学ぼうという企画を用意。LaQハカセがトーク形式でLaQの作品づくりを披露する「LaQハカセ教室」、イベント限定の立体作品が作れる「LaQワークショップ」、プレイシートを見ながら平面作品を作れる「LaQプレイコーナー」、ジオラマを展示する「LaQ展示コーナー」と盛りだくさんの内容となっている。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9/27(火) 18:09

レスポンス