ここから本文です

ダルビッシュ翔被告に有罪判決 裁判長「あなたが変わってください」

デイリースポーツ 9/27(火) 13:40配信

 賭博開帳図利や常習賭博の罪に問われたダルビッシュ翔被告の判決公判が27日開かれ、大阪地裁(橋本一裁判長)は、懲役2年4月執行猶予5年(求刑懲役2年6月)の有罪判決を言い渡した。

 ダルビッシュ被告は米大リーグ・レンジャーズのダルビッシュ有投手の弟。丸刈りに黒のスーツ、紫のネクタイ姿で出廷した。判決を聞く間、背筋を伸ばし、時折目を閉じながらも裁判長を直視していた。

 橋本裁判長は判決理由などを説明した後「もう一度前に出てください」と被告に語りかけた。「(判決が)甘いなと思う人がいると思います。君の周りに『あんなやつ刑務所に行けば』と思っていた人もいたと思います。(公判で)姓を捨てて出直すと言っていたけど、あなたが変わってください」などと説諭した。

 閉廷後、ダルビッシュ被告は、待ち構えた報道陣の問いかけに一切応じることなく、裁判所を後にした。

 7月19日に行われた論告求刑公判では「賭博という社会的に許されない行為を甘く考えていたこと、悔やんでも悔やみきれない」「兄、家族、大切な人がいるのに、最も大切な部分を考えられていなかった」などと反省の言葉を口にしていた。

最終更新:9/27(火) 15:05

デイリースポーツ