ここから本文です

「スマホ動画は縦向き」が初めて多数派に──モバーシャルが動画視聴実態調査

ITmedia マーケティング 9/27(火) 12:06配信

 動画制作・動画マーケティングを支援するモバーシャルは、スマートフォンでの動画視聴実態調査を実施、結果を発表した。スマートフォンで動画を視聴する20~50代の男女700人を対象に、インターネットを利用したアンケートで調査を実施した。実施期間は、2016年8月9~17日。調査概要は以下の通り。

【その他の画像】

●「縦向きのみでの視聴する」という回答がじわじわ増加

 スマートフォンでWeb動画を視聴する際に「縦向きのみで視聴する」と回答したスマートフォンユーザーは34.7%だった。前々回調査では27.6%、前回調査では28.4%と、「縦向きのみ」で視聴するユーザーはじわじわと伸びてきている。特に女性においては縦向きでの視聴傾向が強く、4割を上回るユーザーが縦向きのみで視聴していた。中でも30代女性は約5割が縦向きのみで動画を視聴していた。

 縦向きで動画を見る理由は、「縦使いに慣れているから、わざわさ横にしない」「普段スマートフォンを縦向きで使うことが多く、縦向きでロックしているから」といったスマートフォンやメディアのユーザビリティ特性によるものが多かった。

 動画の長さも視聴時の端末の向きに影響する。動画が短くなるほど縦向き視聴の傾向が強く、30秒~1分では約4割が、10~30秒の動画では約5割が「縦向きのみ」で視聴すると回答した。逆に動画が長くなるほど、「両方」「横向きのみ」で視聴する傾向は強くなり、10分以上の動画は58.2%のユーザーが「横向きのみ」で視聴していた。

 時間帯別で見ると、午前6時から午後6時までは5割以上が「縦向きのみ」と回答。正午から午後6時においても4割以上が端末を縦向きにして視聴していた。「社内にいるときはばれないように縦向きで見るが、家の時は横で見る」といった回答もあり、ビジネスタイムには縦向きで視聴される傾向にあるようだ。

●縦向き視聴で人気な動画は、「音楽」「ニュース」「動物」

 「縦向きのみ」で動画を視聴する人が好む動画は、「音楽系」が最も多く26.7%。2位は「ニュース系」の21.4%、3位は「動物系」の18.1%だった。

 男女別調査では、男女の好みの違いが顕著に出た。男性が最も好むコンテンツはニュース系で32%。2位はスポーツ系(28.9%)で、3位はバラエティ・お笑い系(19.6%)だった。女性は、音楽系が最も多い34.9%。2位に動物系コンテンツ(22.6%)、3位に料理・レシピ系コンテンツ(20.5%)が続いた。

最終更新:9/27(火) 12:06

ITmedia マーケティング