ここから本文です

【パリモーターショー16】キアの小型ハイトワゴン、ソウル…改良新型を発表

レスポンス 9/27(火) 19:30配信

韓国キアモーターズは9月29日、フランスで開幕するパリモーターショー16において、『ソウル』の改良新型モデルを初公開する。

ソウルは2008年10月、パリモーターショー08で発表。ボクシーな5ドアハッチバックボディが特徴のサブコンパクトカーで、米国では日産『キューブ』やサイオン『xB』(日本名:トヨタ『カローラルミオン』)などと競合してきた小型ハイトワゴン。

2013年春、ニューヨークモーターショー13でワールドプレミアされた現行ソウルは、2世代目モデル。基本デザインは初代を踏襲しており、ボクシーなフォルムは健在。しかし、ボディサイズは大きくなっており、とくにホイールベースは2570mmと、初代比で203mm延長。全幅も1800mmと、初代よりも152mm拡大した。全高は1610mmと変わらない。

ボディサイズを大型化した効果で、新型ソウルは室内スペースを拡大。前席のレッグルームは515mm増えて1089mm、後席のレッグルームは5.1mm増えて993mm、前席のヘッドルームはプラス5.1mmの1006mm、前席のショルダールームはプラス7.6mmの1409mmとした。

パリモーターショー16では、現行ソウルのデビュー3年を経て、初の大幅改良モデルが初公開される。新デザインのバンパーには、メタリックのスキッドプレートを追加。キア車に共通する「タイガーノーズ」グリルも、新デザインとした。テールランプも新しい。

インテリアは、グロスブラックやメタリックのアクセントを採用。車載インフォテインメントシステムは、グーグルの「Android Auto」およびアップルの「CarPlay」に対応するなどの改良を受けている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:9/27(火) 19:30

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。