ここから本文です

玉木宏「職務質問はよくある」と告白 初の一日警察署長就任に

デイリースポーツ 9/27(火) 14:50配信

 俳優・玉木宏(36)が27日、東京・台場の警視庁東京湾岸警察署で一日署長を務めた。フジテレビ系の連続ドラマ「キャリア~掟破りの警察署長~」(10月9日スタート、日曜、後9・00)で、コミカルな警察署長役を演じる縁があっての大役に身を引き締めた。

 今回が一日警察署長就任は初めてで、本物の制服を着て「身が引き締まる思い」と感想を述べた。共演の高嶋政宏(50)からは「いい男過ぎる。こういう署長がいれば、犯罪も減る」と太鼓判を押された。

 就任式の後には署内を見学し、さらに東京湾内を船に乗ってパトロール。玉木は「ドラマは警察署内の話。今日はゆっくり署内を見学して、セットと同じか見てみたけど、意外にドラマの中の世界はウソじゃない」と、ドラマのホンモノぶりをアピールしていた。

 これまでの警察との関わりに玉木は「職務質問はよくある」とのこと。一方、刑事役で出演の高嶋は「もう時効だけど。14歳の時、渋谷で一緒にいた友人が、刃渡り4センチのナイフを持っていて。それで補導された」と仰天告白。

 また同じ刑事役の瀧本美織(24)は「ATMで引き出したお金をそのまま置いてしまい、数時間後に気づいて、その近くの警察に行ったら、優しい方が届けてくれていた。お金は10万円くらいでした」と、心温まるエピソードを明かしていた。

最終更新:9/27(火) 17:05

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]