ここから本文です

ロッテ創業者の長女 ホテルロッテなどの取締役を辞任へ

聯合ニュース 9/27(火) 19:32配信

【ソウル聯合ニュース】ロッテグループ創業者、辛格浩(シン・ギョクホ、日本名:重光武雄)氏の長女でロッテ奨学財団理事長の辛英子(シン・ヨンジャ)氏がホテルロッテと釜山ロッテホテルの取締役から退く。ホテルロッテが27日、発表した。

 ホテルロッテによると英子氏は同日午後、「最近社会的な問題になっている事件と関連して裁判を受けるなど物議をかもし、多くの方々に心配をかけたことに対し深く謝罪する」とした上で、「個人的理由で会社に累を及ぼしたり、職員や協力業者に迷惑になったりしないよう、ホテルロッテと釜山ロッテホテルの取締役を辞任する」と伝えた。

 英子氏は横領や背任などの罪で7月に起訴されている。ホテルロッテは今後取締役会を開き、英子氏の辞任手続きを行う予定だ。

 英子氏は現在、ロッテショッピング、ホテルロッテ、釜山ロッテホテル、ロッテジャイアンツなどで取締役を勤めている。 

 英子氏は系列会社の取締役として明確な活動をしていないにもかかわらず、不適切な給与を受け取っているなどと指摘されていた。

最終更新:9/27(火) 19:47

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。