ここから本文です

【凱旋門賞最終追い切り】マカヒキ2馬身先着! ルメール「勝てると思います」

デイリースポーツ 9/27(火) 16:55配信

 「凱旋門賞・仏G1」(10月2日、シャンティイ)

 海外馬券発売第1弾となる世界最高峰のレースに挑むマカヒキ(牡3歳、栗東・友道)が27日、現地で最終追い切りを行った。

 シャンティイ調教場のエーグル周回コースで帯同馬マイフリヴァとの併せ馬。4馬身先行した僚馬を追い掛ける形でスタートし、最後は逆に2馬身の差をつけてゴールを駆け抜けた。

 手綱を取ったのは今やJRAジョッキーとなり、関西リーディングをひた走るクリストフ・ルメール騎手。「追い切りはとても良かったです。マカヒキのコンディションはとてもいい。とてもうれしいですね」と、Vを決めた海外初戦のニエル賞からのさらなる上積みを強調した。さらに、「勝てると思います。もちろんメンバー強いけど、いっぱい自信ある。マカヒキはとてもいい馬。すごく走るから自信がある」と、自身も初めてとなる凱旋門賞制覇への手応えを口にした。

 JRAが初めて発売する海外競馬の一戦。独立プール方式で日本独自のオッズとなるだけに、“応援馬券”込みでマカヒキが海外のブックメーカーより人気を集めるのは確実となっている。だが、この日の追い切りからも態勢は万全。馬券的にも“外せない”存在となりそうだ。

 ルメール騎手「きょうの追い切りはとても良かったです。コンディションはとてもいい。とても嬉しいですね。勝てると思います。もちろんメンバー強いけど、いっぱい自信ある。マカヒキはとてもいい馬。すごく走るから自信がある。私はシャンティイ競馬場分かる。ニエル賞も走ったし、心配してない。世界で一番大きいレース。もちろんメンバー強いけど、マカヒキのポテンシャルはとても高い。フランスでG1勝てる。凱旋門賞ぜひ見てください」

最終更新:9/27(火) 17:22

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ