ここから本文です

臨海工業地帯への足、南海高師浜線で「工場夜景」ラッピング 10月8日から

レスポンス 9/27(火) 21:28配信

南海電気鉄道と大阪府高石市は9月26日、高師浜線で「走る!工場夜景」と題したラッピング列車を運行すると発表した。10月8日に出発式を行う。

[関連写真]

高師浜線は高石市内の羽衣~高師浜間1.5kmを結ぶ、南海電鉄の鉄道路線。高師浜駅の西側には、「日本有数の連続的な工場景観」とされる堺泉北港臨海工業地帯がある。

南海と高石市の発表によると、高石市の市制50周年を機に「知名度の向上とまちの活性化、交流人口の増加」を図るため、ラッピング列車の運行を計画。車体を臨海工業地帯の夜景写真で装飾するほか、ヘッドマークも取り付ける。

運行期間は10月8日から約6カ月間の予定。出発式は10月8日の10時15分から35分まで、高師浜駅で行われる予定だ。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:9/27(火) 21:28

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]