ここから本文です

タカマツペア 松友の故郷で凱旋パレード「感謝の気持ちでいっぱい」

デイリースポーツ 9/27(火) 17:22配信

 リオデジャネイロ五輪のバドミントン女子ダブルスで金メダルを獲得した「タカマツペア」の松友美佐紀(24)と高橋礼華(26)が27日、松友の故郷・徳島県藍住町で凱旋パレードを行った。

 沿道には町民ら約1万人が集まった。2人を乗せたオープンカーは阿波おどりの一団に先導され、県道を使用した約800メートルのコースを50分間かけてゆっくりと走行。2人は「おめでとう」「お帰りなさい」といった声に笑顔で手を振って応えていた。

 パレードの前には藍住町役場を訪問。松友が同町初の「町民栄誉賞」を受賞し、高橋には感謝状が贈られた。パレード後、町内の体育館で開かれた金メダル報告会には約800人が来場。松友は「多くの方におめでとうと言われてうれしかった。感謝の気持ちでいっぱいです」とあいさつし、奈良県出身の高橋は「松友の生まれ育った町で金メダルの報告ができてうれしく思います」と話した。

最終更新:9/27(火) 17:28

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。