ここから本文です

展示会の枠を超えるCEATEC、主催者が語る思い

EE Times Japan 9/27(火) 17:01配信

 「CEATEC JAPANは生まれ変わらなければいけない――」

 主催団体の1つである情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)で専務理事を務める片山泰祥氏は、「CEATEC JAPAN 2016」(シーテックジャパン 2016)開催概要説明会で、こうを語った。2015年開催まで「最先端IT・エレクトロニクス総合展」と位置付けて実施されてきたCEATEC。2016年からは「CPS(サイバーフィジカルシステム/IoT(モノのインターネット)の展示会」として開催されることが決定している。

【「CEATEC JAPAN 2016」展示の構成】

 開催概要説明会では、出席した記者一人一人にタブレット端末が配布され、プレゼンテーション資料はタブレット端末で閲覧する新しい形式がとられた。また、同時にタブレット端末を用いたアンケートを、会見内容に反映する試みが行われるなど、主催者側の新しいチャレンジをしようという強い意気込みが感じられる内容だった。

 なぜ、CEATECは生まれ変わる必要があったのか、CEATEC JAPAN運営事務局でプロジェクトマネジャーを務める鳥飼浩平氏と、広報・PR担当の吉田俊氏に話を聞いた。

■5~10年先を見据えた展示会として

EE Times Japan(以下、EETJ) “家電の見本市”という印象が強いCEATEC。なぜ、2016年からCPS/IoTの展示会として、生まれ変わる必要があったのでしょうか?

鳥飼氏 CEATECの「CE」は「Customer Electronics」と勘違いされている方もいたが、正しくは「Combined Exhibition of Advanced Technologies」。つまり、日本語で言うと、“先進技術の総合複合展”がもともとのコンセプトにある。

 しかし、私たちとしても反省しているところだが、CEATECは家電の見本市としての華やかなイメージから離れきれなかった。そのマインドを変えて、時代をリードしていく新しい文化、ビジネスを伝える展示会として、原点回帰する必要があった。

EETJ 2015年にも、主催者企画「Nextストリート」として、CPS/IoTの展示をされていました。看板まで変える必要性はあったのでしょうか。

鳥飼氏 IT・エレクトロニクスを軸として、世の中のあらゆる産業がつながる時代がやってくる。そのため、CEATECとしても、単にモノ(製品)だけを展示するのではなく、新しい文化、サービスを展示しなければならない。その試みが、2015年のNextストリートだった。

吉田氏 Nextストリートでは、近畿日本ツーリストと楽天が出展するなど、CPS/IoTを初めて掲げて「良い取り組み」という声を多くもらった。CEATECは、部品から完成品、自動車まで幅を広げて展示を行っており、出展企業にとってみるとそれらは全てつながっている顧客同士である。つまり、出展企業にとってもメリットがあるし、来場者にとっても、業界の全体像が見えることで好評をいただけた。

 しかし、CPS/IoTの展示は、まだ一部のゾーンでしかなかった。前回好評をいただいたとともに、2020年に向けた先端技術の核となることから、看板を変える決断をした。

EETJ IoTをテーマに掲げる展示会は、他にもいくつかありますよね。

鳥飼氏 CPS/IoTを部品、完成品、サービスまで全体を通して展示できるのは、CEATECのみである。つまり、単に出展社と来場者の関係ではなく、出展社同士のコミュニケーションをより広げられることが、専門展との差別化と思っている。

EETJ CPSという言葉は、あまり聞き慣れません。

吉田氏 IoTは流行の言葉になっているが、人によって定義が曖昧なところがある。「インターネットにつながればIoT」と考える人もいると思うが、私たちが目指すIoTは、ビッグデータ、人工知能などを活用して現実社会に価値を生み出すことである。

 確かにCPSという言葉は使われなくなっている現状はあるが、IoTという言葉だけではどうしても“モノ(製品)指向”になってしまう。CPSをあえて入れることで、私たちが伝えたいIoTのメッセージを伝えることができると思っている。

■ベンチャー企業の出展社数は100社超

EETJ 展示内容はどのように変わりましたか?

鳥飼氏 これまでは、ネットワークやデバイスといったカテゴリーごとに分けた展示を行っていた。2016年のCEATECでは、「家」「街」「社会」エリアといったように、CPS/IoTの活用シーンごとにエリアを構成している。

 また、特別企画エリア内の「IoTタウン」では、セコムや三菱UFJファイナンスグループ、タカラトミーなど、これまで出展のなかったユーザー企業が展示を行う。合わせて、ベンチャー企業の出展も2015年の54社から100社超になる予定だ。

吉田氏 IoT推進ラボと連携して、ASEANやイスラエル、インドのIoTに関する有望なベンチャー企業30社とのグローバルマッチングイベントも開催する。日本発の技術をCEATECの場でどんどん生み出すわけではなく、実装されていくCPS/IoTを試していくエコシステムの1つとしてCEATECが機能することを目指したい。

EETJ 注目のカンファレンスについて教えてください。

鳥飼氏 海外との連携を強化し、ドイツ大使館との「インダストリ4.0」のセッションや、米国大使館との「セキュリティ」に関するセッションをはじめ、イギリスやフランスとも連携し、各国のIoTの動向をカンファレンスで伝えていく。

吉田氏 人工知能も注目の1つであり、既に満席のカンファレンスもあるほどだ。日本を代表する研究者が登壇し、最先端の技術を知ることができる(カンファレンスの一覧はこちら)。産業技術総合研究所(AIST)と連携した「人工知能パビリオン」も展開し、Preferred Networksやリクルートホールディングスなどによる展示も行う。

■「展示会の枠組みを超えたい」

EETJ 来場者数や出展社数は、どのくらいを予想されていますか。

吉田氏 出展社数は、2015年より確実に増える見込みとなっている。来場者数は、前年比12%増となる15万人を目指す(2015年開催は、来場者数13万人、出展社数531社)。

EETJ 最後に、CEATEC開催にかける意気込みをあらためて教えてください。

鳥飼氏 展示会の枠組みを超えたい。CPS/IoTを軸にした企画やイベントが、CEATECに合わせて動くような世界を2020年に実現したい。その取り組みの1つとして、当初は開催初日に行っていたオープニングレセプションを、前日の10月3日に東京都内で行うなど、展示会以外での取り組みも活性化させる。

 つまり、毎年10月に展示会をただ開催するのではなく、CEATEC自体がIoTのエコシステムの1つとなり、5~10年先を見据えたビジネスの種をまいていきたい。

吉田氏 2016年のCEATECには、つながれる要素をたくさん盛り込んでいる。展示やカンファレンスを通して技術や人同士がつながり、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、新しい化学反応が生まれる場としていきたい。

最終更新:9/27(火) 17:01

EE Times Japan