ここから本文です

井上尚が練習再開、ロマゴン戦見据え減量中

デイリースポーツ 9/27(火) 18:43配信

 WBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥(23)=大橋=が27日、横浜市内のジムで練習を再開した。来年末に計画されている世界4階級制覇王者のローマン・ゴンサレス(29)=ニカラグア=戦をにらみ、早くも減量に取り組んでいた。

 「顔がスリムでしょう?ゴンサレスといつでもできるように、節制しているんです」と打ち明けた。練習中に痛めた腰も休養で回復した。「スパーリングで痛めたので考える。14オンスのグローブを思い切り振ったら腰も痛める。12ラウンドは必要ないかも」と、練習法も見直していく。

 10日に米国でロマゴン-クアドラス戦を観戦し、衝撃を受けた。「ロマゴンのハングリー精神がものすごかった。弱気な表情になっても絶対に負けない、勝つんだ、という気持ちがすごい」と改めてロマゴンの強さを実感。それが井上尚を突き動かした。

 「今、リミット(52・1キロ)から3、4キロしか増やしていない。これまで60キロ前後はありましたから。こういうのは初めて。大一番、ロマゴン戦に向けて、減量苦で実力が出せないのは困る」と、試合当日に近いウエートをキープしている。「食事、特に夕食に気をつけています。炭水化物を取らないようにしたり、外食を減らしたり」と、まさにハングリーだ。

 大一番を前に、まずは年末のV4戦が待つ。交渉していたWBA世界同級王者のルイス・コンセプシオン(パナマ)は11月にカリド・ヤファイ(英)との防衛戦が決定の見通しで、流れた。WBO同級2位にランクインしたファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)も「尚がやりたがっていた」(大橋会長)が次戦が決定。「上からランカーを当たっているけど、なかなか見つからない」と、大橋秀行会長はマッチメークに苦戦している。

最終更新:9/27(火) 18:54

デイリースポーツ