ここから本文です

Windows 10 Anniversary Updateでも省電力性比較は「Edge」が優位、MSがアピール

@IT 9/27(火) 17:27配信

 米マイクロソフトは2016年9月15日(米国時間)、2016年8月にリリースした「Windows 10 Anniversary Update」上で同社のブラウザ「Microsoft Edge」(以下、Edge)と競合ブラウザの「Google Chrome」(以下、Chrome)」「Mozilla Firefox」(以下、Firefox)」「Opera」の省電力性を比較したテスト結果を公式ブログで発表した。

【その他の画像】世界中のWindows 10から収集されたデータに基づく消費電力比較

 マイクロソフトは2016年6月にも、Windows 10で同様の比較テスト結果を発表している。このテストでは、Edgeの省電力性が最も高かったが、今回発表された比較テストも同じ結果になった。

 テストでは、以下の3種類の比較が行われた。

(1)ブラウザ実行時のバッテリー持続時間、

(2)ブラウザ実行時のCPU、GPU、Wi-Fiアンテナの平均消費電力、

(3)世界中の数百万台のWindows 10デバイスから収集されたテレメトリーデータから算出された消費電力

 ブラウザ実行時のバッテリー持続時間を比較するテストでは、Windows 10 Anniversary Updateが動作する4台の同じSurface Bookにそれぞれ異なるブラウザをインストールし、Wi-Fi接続で「Netflix」からのストリーミング動画を流し続け、バッテリーが切れるまでの時間を比較。

 その結果、Edgeのバッテリー持続時間は8時間47分6秒で、Opera、Chrome、Firefoxと比べて、それぞれ23%、45%、69%長かった。

 CPU、GPU、Wi-Fiアンテナの平均消費電力を比較するテストでは、Windows 10 Anniversary Update上でWi-Fi接続を利用して、複雑だが一般的なユーザー行動が行われたときの平均消費電力を比較した。

 その結果、Edgeの平均消費電力は1811ミリワットで、Chrome、Opera(バッテリーセーバーモード有効)、Firefox 47と比べて、それぞれ24%、32%、43%少なかった。

 なお、Edge、Chrome、Operaは、Windows 10 Anniversary Update上での消費電力が従来のWindows 10上よりも少なかったが、Firefoxはどちらの場合もほとんど変わらなかった。

 マイクロソフトは、実際の使用時の省電力性を比較するために、世界中の数百万台のWindows 10デバイスから収集されたテレメトリーデータに基づく消費電力比較も行った。その結果は以下の通り。

 Edgeの消費電力が最も少なく、次いでFirefox、Chromeとなっており、上記のテスト結果と一致した傾向を示している。

 また、マイクロソフトは、従来のWindows 10(バージョン1511)とWindows 10 Anniversary Update(バージョン1607)でEdgeを実行したときのCPU、GPU、Wi-Fiアンテナの平均消費電力も比較。EdgeとWindows全体の改良により、Windows 10 Anniversary Updateでは、この平均消費電力が12%改善されている。

最終更新:9/27(火) 17:27

@IT

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。