ここから本文です

日本ハム・大谷が代打で二塁打も…得点はならず

デイリースポーツ 9/27(火) 19:57配信

 「西武-日本ハム」(27日、西武プリンスドーム)

 優勝へのマジックを1としている日本ハムは、0-3の七回、2死一塁で大谷が代打で出場。西武・岸から中前に落ちる二塁打を放ち、二、三塁に好機を広げた。

 打線は六回まで岸の前に無得点。七回は先頭の田中賢が四球で出塁したが、岡、レアードが倒れ2死。ここでスタメンを外れた大谷が、大野の代打で登場。詰まった打球は中堅の前に落ち、大谷は一気に二塁へ。これで岸との今季の対戦は12打数6安打となった。日本ハムファンは大きく沸いたが、続く中島が見逃し三振に倒れ、得点はならなかった。

 大谷は28日の西武戦で先発登板することが予告されている。

最終更新:9/27(火) 20:06

デイリースポーツ

なぜ今? 首相主導の働き方改革