ここから本文です

【凱旋門賞】仏ダービー馬アルマンゾル 一転出走も

デイリースポーツ 9/27(火) 20:34配信

 「凱旋門賞・仏G1」(10月2日、シャンティイ競馬場)

 今年の仏ダービー馬アルマンゾル(牡3歳)が凱旋門賞に参戦する可能性が出てきた。現地紙が報じている。

 10月15日の英チャンピオンSを予定していたが、同じルジェ厩舎の8戦無敗馬ラクレソニエールが脚部不安で回避したことを受け、一転して出走プランが浮上したもの。英大手ブックメーカー・ウイリアムヒル社では、一度は消えた同馬のオッズが“復活”。マカヒキと並ぶ6・00倍の2番人気に推している。

 同馬はG1馬8頭がそろった前走の愛チャンピオンSで、大外一気を決めて4連勝を達成。出走してくれば一気に注目が集まるだけに、その動向が大いに注目される。

最終更新:9/28(水) 7:26

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]