ここから本文です

阪神・青柳、5勝目ならず 七回途中2失点で降板「反省しないと」

デイリースポーツ 9/27(火) 21:05配信

 「阪神-ヤクルト」(27日、甲子園球場)

 阪神先発・青柳は5勝目を逃した。初回に1点の援護をもらったが、三回に川端の適時打で同点とされた。球数100球を超えた七回、ピンチを残して降板した。

 結局6回1/3を投げて4安打2失点(自責点1)の結果だった。「失点したイニングは先頭打者の出塁を許して失点につながってしまい、反省しないといけないです。七回はランナーを残して、苦しい状況のまま後ろへつないでしまい、申し訳ないです」とコメントした。

最終更新:9/27(火) 21:44

デイリースポーツ