ここから本文です

英国ロイヤル・オペラ・ハウスの舞台を映画館で、「蝶々夫人」など計12演目上映

映画ナタリー 9/27(火) 20:28配信

英国ロイヤル・オペラ・ハウスの舞台映像を映画館で鑑賞できる「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17」のラインナップが決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

上映プログラムは、バレエとオペラあわせて全12演目。バレエは「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」「真夏の夜の夢」など、オペラは「ノルマ」「蝶々夫人」「オテロ」など、それぞれ6演目ずつスクリーンにかけられる。すべての上映作品に、ロイヤル・オペラ・ハウスの案内人による舞台裏でのインタビューや特別映像を追加。大画面と迫力ある音響で臨場感を味わってみては。

なおこのたび、前半6演目分の上映スケジュールも決定。各作品、週替わりで1日1回ずつの上映となる。詳細は公式サイトで確認しよう。

「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17」は、11月25日よりTOHOシネマズ系列を中心とした全国の映画館でスタート。

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17
ロイヤル・バレエ
「アナスタシア」
「くるみ割り人形」
「ウルフ・ワークス」
「眠れる森の美女」
「ジュエルズ」
「真夏の夜の夢」

ロイヤル・オペラ
「ノルマ」
「コジ・ファン・トゥッテ」
「ホフマン物語」
「イル・トロヴァトーレ」
「蝶々夫人」
「オテロ」

最終更新:9/27(火) 20:28

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]