ここから本文です

HKT48新曲は初のアニメ主題歌 指原莉乃が総選挙シングル以外で初のシングルセンターに

ねとらぼ 9/27(火) 18:48配信

 アイドルグループ・HKT48の9枚目シングルとなる新曲「バグっていいじゃん」が、TBS系列で放送中のアニメ「カミワザ・ワンダ」の主題歌となることが9月26日に発表されました。センターを務めるのは、指原莉乃さん。総選挙シングル以外では初のシングルセンターとなります。

【総選挙シングル以外では初となるシングルセンターの胸中を語る指原さん】

 動画配信サイト「SHOWROOM」での新曲&選抜メンバーの発表となった新曲「バグっていいじゃん」はHKT48初のアニメ主題歌。HKT48の宮脇咲良さん、兒玉遥さんからセンターを務めることを紹介された指原さんは、「HKTでは(センターができなくても)いいかな」と思っていたことを明かしています。

 「これがユニバーサルとかHKTの運営からのお誘いだったら、お断りしようと思っていた」と指原さん。しかし、秋元さんからLINEが来て「子ども向けアニメの番組主題歌ということで、知名度のある指原が真ん中に立つのがいいんじゃないか」と言われ、センターを務めることを決断したのだそうです。

 最新曲ではメンバー8人が初選抜ということもあり、いつもと違う選抜メンバーの顔ぶれにファンは「決まったからにはみんな頑張らないとね」「HKT48がマンネリ打開して、新しいステージに進むには必要」といった声が寄せられ、指原さんは「みんなが納得できる選抜なんて作れないからね。腐らない、腐ったら負け!!頑張ろう!」とHKT48劇場支配人らしいコメントで締めていました。

最終更新:9/27(火) 18:48

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]