ここから本文です

文善やよひ、人間×異界の王描くBL「満月の王」が完全版に

コミックナタリー 9/27(火) 20:57配信

「鴆-ジェン-」の文善やよひによるBL「極夜」が、本日9月27日にプランタン出版より発売された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「極夜」には人間と異界の王の関係を描くファンタジーBL「満月の王」を収録。2012年に発売された同名単行本に、40ページ以上の大幅加筆修正を加えた完全版だ。そのほか将軍×人外を描く「鴆-ジェン-」の番外編31ページも収められている。

なお東京・飯田橋のspace TORICOでは、9月29日まで「66.6―文善やよひ展―」を開催中。「鴆-ジェン-」最終話のネームや下描き、完成原稿に加え、「極夜」収録の「鴆-ジェン-」番外編「月夜にふたり」「はじめての看病編」を公開。そのほか文善が使用しているペンやネーム帳といった私物も展示されている。

「極夜」収録作
「極夜」
・満月の王 前編 (初出:Canna Vol.19)
・満月の王 後編(初出:Canna Vol.20)
・因果(初出:Canna Vol.21)
・極夜の海(初出:描き下ろし)
・最後の手紙(初出:Canna Comics「満月の王」)
・夢の浮橋(初出:同人誌)

「鴆-ジェン-」
・4コマ(初出:同人誌)
・授乳(初出:同人誌)
・採虹(初出:同人誌)
・月夜にふたり(初出:Canna Vol.45)
・はじめての看病(初出:Canna Vol.47)
・白夜(初出:同人誌)

「66.6―文善やよひ展―」
期間:2016年9月25日(日)~29日(木)
時間:11:00~19:00 ※28日の一般入場は16時まで、29日は17時まで
会場:space TORICO

最終更新:9/27(火) 20:57

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]