ここから本文です

阪神、今季初の5連勝で4位浮上 決勝打の梅野「必死にやってきた結果」

デイリースポーツ 9/27(火) 21:27配信

 「阪神4-3ヤクルト」(27日、甲子園球場)

 阪神が逆転勝ちで、今季初の5連勝で4位に浮上した。

 初回、北條の適時二塁打で先制。1-2の七回は高山が同点適時打。2-3の八回は、1死から鳥谷と代打・原口の連打で一、二塁の好機をつくると、途中出場の荒木が一塁線を破る同点二塁打を放った。さらに梅野も中前へ運び、勝ち越しに成功した。

 八回に登板し、1点を失ったサターホワイトが、打線の援護で来日初勝利を挙げた。九回はマテオが3人で締め、20セーブ目を挙げた。

 お立ち台には、マテオ、荒木、梅野が上がった。マテオは「うれしい気持ちでいっぱい。頑張ってきた成果が出たと思うし、チームメートも助けてくれた」と喜びに浸った。同点打の荒木は「途中から出ても僕のやることは変わらない。残り2試合ですけど、そういう気持ちを持ってやりたい」と語った。

 決勝打の梅野は、初球スクイズをファウルした後の中前打。「絶対にかえしてやろうという気持ちでいきました。ファームも経験しながら、この時のために必死にやってきた結果だと思っています」と胸を張った。

最終更新:9/27(火) 21:55

デイリースポーツ