ここから本文です

アンディ・ラウ製作の青春映画「私の少女時代」、高校生男女の恋模様描く予告編

映画ナタリー 9/27(火) 21:45配信

台湾映画「私の少女時代-Our Times-」の公開日が11月26日に決定。あわせてポスタービジュアルが解禁され、予告編が公式サイトおよびYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

2015年、台湾の年間興行収入第1位に輝いた本作は、ドラマ「ハートに命中100%」などを手がけてきた女性プロデューサー、フランキー・チェンの初監督作品。1990年代の台湾を舞台に、冴えない女子高生リン・チェンシン、イケメンの優等生オウヤン、学校一の不良タイユイの恋と友情をノスタルジックに描く。ビビアン・ソン、ディノ・リー、ダレン・ワンら若手俳優がメインキャストを務めるほか、アイドルグループF4のジェリー・イェンが特別出演。またエグゼクティブプロデューサーとして参加したアンディ・ラウが本人役で出演している。

約2分間の予告編は、大人になったリン・チェンシンが高校時代を思い返す場面から幕開け。その後、メガネを外しイメチェンを果たしたリン・チェンシンがオウヤンに手紙を渡す様子、オウヤンがタイユイの胸ぐらをつかむ姿、リン・チェンシンとタイユイが一緒に勉強するシーンなどが切り取られていく。



(c)2015 Hualien Media Intl. Co., Ltd 、Spring Thunder Entertainment、Huace Pictures, Co., Ltd.、Focus Film

最終更新:9/27(火) 21:45

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]