ここから本文です

15周年のSound Schedule、年に一度のサウスケ祭り開幕

BARKS 9/27(火) 19:37配信

デビュー15周年を迎えたSound Scheduleが、9月21日(水)にニューシングル「タイムマシーン」を発表。“年に一度のサウスケ祭り”であるLive Tour<PLACE 2016>初日公演を9月25日(日)渋谷クラブクアトロにて開催した。

◆Sound Schedule 画像

2006年に行われたラストツアーの東京公演会場が、渋谷クラブクアトロだった。2001年のメジャーデビューから15年、2006年のバンド解散から10年、2011年の再結成から5年という節目に同じクアトロのステージに立った彼らは「特殊な活動にも関わらず、こうして解散ライヴと同じステージでライヴをやれることが奇跡。僕らは本当に幸せ者です」と何度も感謝の思いを語った。

再結成以来、年々熱烈な盛り上がりを見せる「PLACE」ツアーだが、節目が重なった今年は「今年はね、長いよ~? セットリストは主に沖くんが考えたんですけど、最初に案をもらった時、曲数多っ!って最初引きましたもん(笑)。でも15周年だしね」(Vo&G. 大石昌良)と、新作「タイムマシーン」収録曲含め、「君という花」「ピーターパンシンドローム」など彼らの代表的な楽曲が絶妙なバランスで構成されており、早くも“神セトリ”と話題となっている。

加えてプロジェクトを牽引する川原洋二(Dr.)の人柄が表れた、サウスケサウンドをしっかり支えるドラム、沖裕志(B.)のどっしりと骨太になったベース、そして大石昌良としてのソロ活動とオーイシマサヨシとしてのアニメアカウント名義の活動を経て、コンポーザー・表現者としてさらに艶と深みを見せる歌、「大学の軽音学部の結成当時に戻ったような感じ」という3人のバンドアンサンブルに、オーディエンスたちの“今、一緒にサウスケ曲を分かち合える”という喜びがクアトロ中に溢れ、終始温かい雰囲気に包まれた。

解散当時の心境も含めた今の思いを真摯に語りながら、「インナーを着てない沖くんの白シャツを皆さんの力で透けさせましょう!」「みんな、大丈夫? 知ってんねんで? 僕らと同じように皆さんも年を経ているってこと(笑)。ふくらはぎとか大丈夫ですか? 皆さんのふくらはぎの1つや2つ、僕らが持っていきますんで!」と笑わせるなど、MCのパートで3人の掛け合いで観る者を楽しませてしまう“関西人気質”も健在(笑)。10年前もオーディエンスに何度も「ありがとう」を伝えていた彼らが、10年後に同じ場所でたくさんの「ありがとう」を伝え、何てドラマチックなバンドなんだろうと思わずにはいられない初日公演となった。

ツアーは、10月1日(土)名古屋 ell.FITS.ALL、10月2日(日)大阪 BIGCAT、10月8日(土)札幌 DUCEと続き、10月29日(土)神戸 ART HOUSEでの追加公演も発表さえている。現在、追加公演分のオフィシャル先行を受付中。

Photo:大参久人

<Sound Schedule Live Tour『PLACE2016』>

追加公演(神戸)オフィシャル先行受付スタート
【追加公演】
10月29日(日)神戸 ART HOUSE
OPEN 17:00/START 18:00
4,320円(税込・整理番号付・別途ドリンク代必要)

受付期間:受付中~10月2日(日)23時59分
受付URL: http://r.y-tickets.jp/ss1601_hp2
【問】ART HOUSE http://www.arthouse.ne.jp/

【LIVE SCHEDULE】
10月1日(土)名古屋 ell.FITS ALL
OPEN 17:30/START 18:00
【問】サンデーフォークプロモーション 052-320-9100(10:00~18:00)

10月2日(日)大阪 BIGCAT
OPEN 16:00/START 17:00
【問】GREENS 06-6882-1224

10月8日(土)札幌 DUCE
OPEN 17:00/START 17:30
【問】WESS 011-614-9999

【チケット料金】前売:4,320円 当日:4,800円(税込・整理番号付・別途ドリンク代必要)

New Single「タイムマシーン」
2016年9月21日発売
DDCZ-2114 1200円(税抜)
【収録曲】
1. タイムマシーン
2 . あさがお
3. ダ・15周年(Bonus Track)

最終更新:9/27(火) 19:37

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]