ここから本文です

イーグルス「グレン・フライの息子が参加するのであれば…」

BARKS 10/2(日) 11:27配信

グレン・フライが亡くなったことにより、グラミー賞で行なわれた追悼パフォーマンスを最後に「もうイーグルスがプレイすることはないだろう」と話していたドン・ヘンリーだが、もしこの先リユニオンすることがあるとしたら、それはフライの息子が参加したときだけだという。

◆Standin’ On A Corner Park画像

ヘンリーは、『Montreal Gazette』のインタビューで「グラミーのときと同じように、ジャクソン・ブラウンと一緒にまたイーグルスの曲をプレイする可能性はあるか?」と問われると、しばらく考えた後、こう答えたそうだ。

「将来どこかの時点で、僕ら、そういうことに取り組むかもしれない。グレンには息子がいる。彼はかなり上手く、歌うこともプレイすることもできる。彼の息子であるならば…、それは僕にとって納得できる数少ない方法の1つだ。ジャクソンとはもちろん、「Take It Easy」をプレイできる。その他数曲もね。でも、僕がリユニオンを検討するとしたら、それは唯一、グレンの息子ディーコンと一緒のときだけだろう」

でも、現在、具体的にそういった話をしているわけではなく、「僕らはまだ(フライを失った)傷を癒している最中だ」という。

フライには3人の子供がおり、次男ディーコンは父と何度かステージで共演していた。

グレン・フライ関連ニュースとして、アリゾナ州ウィンスロー、「Take It Easy」で有名になった”Standin’ On A Corner Park”に彼の銅像が建立され、週末その除幕式が行なわれた。

Ako Suzuki

最終更新:10/2(日) 11:27

BARKS