ここから本文です

【MLB】マーリンズ、背番号「16」着用でJ.フェルナンデスに勝利捧げる

ISM 9/27(火) 14:06配信

 マイアミ・マーリンズは現地26日、前日にボート事故で急死したホセ・フェルナンデス投手を悼み、この日行われたニューヨーク・メッツ戦では全選手がエース右腕の付けていた背番号「16」のユニフォームを着用した。

 試合前のウォーミングアップ時には、本拠地マーリンズ・パークのビデオスクリーンにフェルナンデスの名前と背番号などが表示。また、ディー・ゴードン二塁手はフェルナンデスの写真と「RIP(安らかに眠れ)」というメッセージ入りのTシャツを着ていた。

 対戦相手のメッツも、ベンチ内にはフェルナンデスの名前と背番号を入れたメッツのユニフォームが。ジェイ・ブルース外野手は「気が重いよ。プロとしては準備に専念して試合に敬意を払うべきなんだろうが、相手のクラブハウスがどんな状態なのか想像もできない」と語っていた。

 また、フェルナンデスの代理人だったスコット・ボラス氏は、試合前に故人の家族に会ってきたという。「彼の母親は私に、自分が今どのような気持ちかをみんなに知らせて欲しいと言っていた。ホセが子どもの頃の写真を見せてくれたよ。彼女は彼が7歳か8歳くらいの頃からキューバの赤いユニフォームを手作りしていたんだ」と話した同氏だったが、嗚咽をこらえきれず、これ以上は取材に応えられなかった。

 なお、フェルナンデスのユニフォームを着用してメッツ戦に臨んだマーリンズは、初回にゴードンが先頭打者アーチを放つなど、7対3で勝利した。(STATS-AP)

最終更新:9/27(火) 14:07

ISM