ここから本文です

【MLB】インディアンス、エース負傷降板も9年ぶり地区制覇!

ISM 9/27(火) 14:36配信

 クリーブランド・インディアンスは現地26日、敵地でデトロイト・タイガースと対戦。7対4で勝利し、2007年以来となるア・リーグ中地区優勝を決めた。

 インディアンスはこの日、エースのコリー・クルバー投手が先発するも、右脚付け根の張りを訴え4回で途中降板。テリー・フランコーナ監督は、「3回に痛み始め、4回に再発したようなので下げた。コリーには勝つチャンスを作ってくれと言っていたが、近いうちに必ず彼が必要な時が来る」と語り、プレーオフを見据えての降板だったことを示唆している。

 1948年を最後にワールドシリーズ優勝から遠ざかっているインディアンス。6月序盤に地区首位に立つと、同17日から7月1日にかけて14連勝を飾るなど快進撃を見せた。ジェーソン・キプニス二塁手は、「首位に立った瞬間、これまでにないほどガッチリと掴んで離さなかった。絶対に手放すつもりはなかったし、それだけこのチームは戦った」と語っている。(STATS-AP)

最終更新:9/27(火) 14:42

ISM