ここから本文です

内田理央、過去最大の露出に挑戦 男性&女性目線の写真集2冊発売

オリコン 9/28(水) 6:00配信

 女優でモデルの内田理央(25)が、11月28日に写真集『だーりおといっしゅうかん』『だーりおのいっしゅうかん』(ともに仮題・集英社)を2冊同時に発売することが27日、明らかになった。同社の男性誌『週刊プレイボーイ』と女性ファッション誌『MORE』がそれぞれ編集したもので、男性目線と女性目線で内田の魅力に迫る。

【別カット】ナチュラルなすっぴんを披露した内田理央

 『プレイボーイ』が手がけた『だーりおと~』は、「内田理央をひとり占めするハワイ1週間旅行」をテーマに、内田のセクシーな姿に超接近。ビーチでの爽やかな水着はもちろん、過去最大級の露出となる“お尻ヌード”や入浴シーンも満載となっている。

 内田が専属モデルを務める『MORE』が手がけた『だーりおの~』のテーマは、「内田理央のリアルライフをのぞき見」できる東京での1週間。ラフな部屋着&下着での寝起きシーンから、セルフメイク、スッピン入浴シーン。妄想さく裂の一人コスプレなど、おしゃれでキュートな内田の魅力を等身大で感じられる。

 2冊同時発売に「なんてぜいたくなんだろうと思い、うれしさも2倍でした」と大喜びの内田は「モデルもグラビアの仕事も同じくらい大好きなので、普段はどちらかしか見ない方にも写真集を通して、もう一方の良さを知っていただけるよう撮影に挑みました」とアピール。

 初めてだったというハワイでの撮影の思い出として、「いつもは雨女で、撮影中晴れたことなどないのに(笑)、ハワイは超晴れてハッピーでした!」とゴキゲン。東京での撮影は「朝起きて、歯だけ磨いて、顔も洗わずに現場に行ったらそのまま撮影スタート!みたいな(笑)」と振り返り、「リアルな普段の姿に加えて、コスプレをしたり、メイク術も収録されています」と男性ファンにも呼びかけている。

最終更新:9/28(水) 12:02

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]