ここから本文です

アメリカ大統領選・テレビ討論会の歴史

AbemaTIMES 9/27(火) 12:05配信

(C)AbemaTV

アメリカ大統領選のテレビ討論会が初めて実施されたのは、1960年。

ニクソン氏とケネディ上院議員の対決です。当時、現職の副大統領だったニクソン氏が圧勝すると見られていました。しかし、ケネディ氏は、ピシッとしたダークスーツに、メイクもバッチリ。ハキハキとした発言で力強さをアピール。一方、メイクもせずにお疲れ顔のニクソン氏は、淡い色のスーツでぼやけた印象に・・・。この討論会の影響は大きく、支持率は逆転。ケネディ氏が大統領になりました。

以降、選挙結果を大きく左右する存在となった、テレビ討論会。2000年には、接戦だったとされるゴア氏とブッシュ氏の対決。ゴア氏の自信満々な仕草は「上から目線で高慢」と取られてしまいました。映像が与える印象って恐ろしいですね。

最終更新:9/27(火) 12:05

AbemaTIMES

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。