ここから本文です

マカオ、カジノ低迷長期化も失業率1%台を維持=16年6~8月期雇用統計

マカオ新聞 9/27(火) 13:30配信

 マカオ政府統計調査局が8月26日に公表した最新の雇用統計によると、今年(2016年)6~8月の総体失業率は前回調査(同年4~6月期)と同水準の1.9%、不完全雇用率は0.1ポイント下落の0.4%だった。

 マカオの失業率は2015年2~4月期まで史上最良水準の1.7%を16期連続で維持した後、3~5月期から5~6月期まで3期連続で1.8%、6~8月期以降は1.9%に後退している。

 今年6~8月期の労働人口は40.00万人、労働参加率は72.7%。このうち、就業人口は前回調査時から600人増の39.26万人。主要業界別の就業人数の動向については、カジノ・カジノ仲介業が0.2%減の8.16万人、建設業が3.0%減の4.55万人、卸売・小売業が0.3%増の4.41万人、ホテル業が1.0%増の3.04万人、飲食業が1.5%増の2.68万人だった。

 失業人口は前回調査時と同水準の7400人。このうち、初めて職探しをする新増労働力の占める割合は5.0ポイント上昇の20.5%。

 昨年同時期との比較では、労働参加率が0.6ポイント下落、失業率と不完全雇用率はそれぞれ同水準。

 カジノ産業はマカオ経済の屋台骨として知られる。マカオの月次カジノ売上は2014年6月から2016年7月まで26ヶ月連続前年割れとなったが、8月になってようやくプラスに転じた。近年、多くの雇用を必要とする大型IR(統合型リゾート)及び新ホテルのオープンラッシュが続いていることから、現在まで雇用や賃金への目立ったネガティブインパクトは見受けられない。

最終更新:9/27(火) 13:30

マカオ新聞