ここから本文です

年商30億円の父親を持つ超セレブ&ド貧乏&庶民のお笑いトリオ・くりおねの不思議な関係性/〈視線の先〉インタビュー

トレンドニュース(GYAO) 9/27(火) 12:50配信

年商30億円の父親を持つ超お金持ち家庭で育った上田雅史と、親の借金が重なり家を差し押さえられたこともあるド貧乏家庭で育った嘉数正、ごくごく普通の一般家庭で育ったレフト鈴木の3人からなるお笑いトリオ・くりおね。“超格差トリオ”とも言えるほど幼少期の生活が異なるため、不仲を疑われがちな彼らだが、年に1回は一緒に旅行に出かけるほど仲が良いのだという。こんなにもバラバラの価値観を持つ彼らがなぜ仲良く芸人活動を続けていけるのだろうか……?

本当に貧乏な人は倹約生活ができない?>>

■親からマンションもらい家賃収入が年間3,800万円

鈴木「上田の家は本当にびっくりするくらいお金持ちで、過去のエピソードとか聞いても本当にすごいんですよ」

上田「話すと驚かれることは結構ありますね。例えば親からマンション2棟をもらったことがあるとか(笑)。マンションは関西のほうにあるんですけど、今は部屋を貸し出して年間3,800万くらいの家賃収入を得ています。そこからメンテナンス費用とかは引かれちゃいますけどね。その他だと、僕が家で筋トレをしていたらお父さんが駅前に僕専用のジムを作ってくれたりとか、『パソコン習いたい』って言ったら僕のためにスクールも作ってくれました」

鈴木「すごいですよね。通わせるんじゃなくてスクール自体を作っちゃうって。でも最近は別にお金をもらったりとかはしていないんでしょ?」

上田「そうだね。今はもらったマンションの家賃収入もありますし、その収入を使って自分でお店を出して年商4,000万くらいは稼いでます」

嘉数「経営も軌道にのってるのがまたすごいよね。上田って別に勉強ができるわけじゃないし、九九も言えるかわからないくらいなのに『純利益が~』とか実際の経営に関する話はすごいもんね。もともと要領が良いんだろうなぁ」

■家を差し押さえられて小学4年生でホームレス生活

嘉数「僕は上田の家とは真逆でド貧乏だったので上田の家の話は聞く度に驚かされます。僕の人生で一番大変だったのはお父さんの借金が重なってしまった小学校4年生頃のときです。もともとやってたギャンブルに加え、ネズミ講に連帯保証人、これが全部1年に重なって団地を差し押さえられてしまいました。僕には姉がいるんですけど、姉は差し押さえになる前に察知して友達の家に泊まりに行ってしまって、差し押さえになったときには家に親と僕だけが残っていました。

しかもその後、親に『ちょっと家を探しに行くから待ってて』って言われて海岸に僕ひとり置いていかれてしまったんです。ちょうど近くにテトラポットがあったので、僕はそれから2週間親が帰ってくるまでテトラポットに住んでいました(笑)。食べ物もなくてどうしようかと思ったんですけど、他の場所に移動したら親が帰って来ても分からなくなってしまうと思ったので、ご飯は観光客が置いていくゴミを漁ったり、その辺に生えているハイビスカスとかスミレを食べて過ごしていました。もうおなかが減っておかしくなっていたので、1回フナ虫を食べようとしたこともありますよ。口に含んだら土の味がしてまずかったのでやめましたけど。その他で食べられなかったものでいうと釘(くぎ)ですかね。飲み込めませんでした」

鈴木「釘(くぎ)を食べようとしたんだ(笑)」

嘉数「うん(笑)。そうやって生活してたら、ちょうど2週間後くらいに親が帰って来て、『家見つかったよ~』って普通に言われました。家って言っても知り合いの持ってるコンテナだったんですけど、そこからは無事に親と生活できるようになって、後にまた団地で暮らせるようになりました」

1/3ページ

最終更新:9/27(火) 12:50

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]