ここから本文です

日本の高齢者はなぜ元気? その秘密に迫る

AbemaTIMES 9/27(火) 18:00配信

(C)AbemaTV

厚生労働省の調査(2016年発表)によると日本人男性の平均寿命は80.79歳、女性は87.05歳。これは世界的に見てもかなり長い方である。街を見てもあちこちに元気なお年寄りが多いが、一体なぜ日本人のお年寄りには元気な方が多いのか。

東京都豊島区巣鴨地蔵通り商店街は、洋服店から飲食店まで様々なお店が並び、「おばあちゃんの原宿」と呼ばれている。商店街にいるお年寄りに元気の秘密を探ったところ、「ストレスをためずポジティブに生きる」「食べ物じゃなく目的を持って生きる」などとの意見が。

日本最高齢の現役ピアニストとして活躍中の室井摩耶子さん(95)は、自身の元気の秘密について「肉を食べること」と語る。過去に風邪をひいて三日間絶食したときに肉を食べたら元気になったという経験から、30代の頃からほぼ毎日肉を食べているそうだ。

また、ある調査によると「高齢者の8割が肉好き」という。ここに日本の高齢者が元気である秘密が隠されているかもしれない。

最終更新:9/27(火) 18:00

AbemaTIMES

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。