ここから本文です

温泉を拠点にスポーツツーリズム推進事業、KDDIや近畿日本ツーリストなど3社で新サービス

トラベルボイス 9/27(火) 19:00配信

近畿日本ツーリストは、「旅行先でのランニング」に着目したビジネス展開をおこなうラントリップ社およびKDDIと連携し、温泉を拠点にしたスポーツツーリズム推進事業を開始する。

サービス第一弾として、2016年9月26日より日帰り入浴と食事、ランニングのセットプランを予約できるサイト「Run for 湯(ラン フォー ユー)」を運営開始。近畿日本ツーリストの協定宿泊施設ネットワークを活用し、ランニング前の着替えや荷物預かり、ランニング後の入浴が可能なスペース(ランナーズスペース)機能を提供するもの。

新サイトでは近畿日本ツーリストのグループ会社、ティーゲートが運営するテーマ別旅行予約サイト「旅の発見」とラントリップ社が運営中のランニングコース検索サービス「Runtrip」を連動。KDDIはこれまで皇居ランニング直結のランナーズスペースを運営してきた実績を生かし、アドバイスやプロモーション、告知面で協力する。

サービス開始時点では、栃木県の鬼怒川温泉、埼玉県秩父市の美の山公園、千葉県銚子市、神奈川県小田原市を拠点にする4コースを紹介する。今後は都市圏から日帰り可能なエリアを中心に、全国の観光地にコースを拡大していく計画だ。

トラベルボイス編集部

最終更新:9/27(火) 19:00

トラベルボイス